おおしろ歯科医院

おおしろ歯科医院

インプラント・義歯

SERVICE診療内容

おおしろ歯科医院
おおしろ歯科医院

「噛める」日常を取り戻す

機能的に欠損した歯を補う
噛めるための選択肢

「噛める」日常を取り戻す

噛めるための選択肢

欠損歯を補うためには、多くの治療の選択肢があります。インプラント治療から隣接する歯で部分的に支えるブリッジや、入れ歯などの義歯…患者様に合わせて様々な治療をすることができます。当たり前に噛めるようにするために、歯・歯周組織・顎の骨のことを考えて、外科手術と歯科素材で治療を行います。

  • インプラント

    インプラント

  • ブリッジ

    ブリッジ

  • 総入れ歯

    総入れ歯

  • 部分入れ歯

    部分入れ歯

インプラント構造を知る

インプラント構造を知る

支柱・土台・人工歯で機能的なインプラントを

インプラントの支柱であるフィクスチャー(ネジ)は顎の骨に埋め込むため、骨の厚みや神経の位置をCT画像で確認し、しっかり顎骨に土台を埋入します。

人工歯(上部構造)

粘膜から上の人工歯の部分。いわゆる「かぶせ物」です。セラミック・ジルコニア等、様々な歯科素材があります。

アバットメント(連結部)

フィクスチャーと上部構造をつなぐ連結部分です。

フィクスチャー(人工歯根)

人工歯根、インプラント体と呼ばれる土台部分。顎の骨に空けた穴に埋め込むチタンです。

インプラント手術

インプラント治療は、歯周組織の炎症リスクや咬み合わせによる顎骨の状態、また全身疾患の影響など、様々な分野における深い知識が必要とされます。術式・検査・診断で、患者様に合った安全でより良い治療を行っていきます。

術式

01

多くの選択肢で負担を軽減したインプラント

欠損した歯の状態に合わせて、負担を軽減したインプラント手術を行います。フィクスチャー(支柱)と骨が結合するまで2~6ヶ月かかることがありますが、負担なく進めることができます。

術式
  • 顎の骨を補強 土台を作る

    骨造成 GBR

    骨造成 GBR

    骨が少ない箇所を必要な骨量にする骨再生誘導法という方法で骨を作り、インプラントの埋入ができる土台を形成します。

  • 上顎の骨を移植 高さを作る

    ソケットリフト

    ソケットリフト

    上顎の空洞に人工骨による移植骨を歯茎を切って挿入し、骨増生を行ってインプラント体を埋入します。

検査

02

CT撮影で3次元画像から安全に埋入

血管・神経の位置、骨の状態を3次元画像で確認することで、インプラントを埋入する位置、深さを精緻に知ることができ、安全に手術を行えます。また、術後のインプラント周囲炎のリスクを軽減するために、全身管理を行い、負担を軽減したインプラント手術を行っています。

CT撮影
  • インプラント
  • CT撮影
  • インプラント
  • CT撮影
シーラント

03

咬合理論で長期的に噛める人工歯

埋入したインプラントが、負担なく身体の口腔機能に沿って噛めるように、機能的、審美的な歯科素材を選びます。咬合理論から咬み合わせを考えて、適合する上部構造(人工歯)を選択し、ほてつ治療を行っていきます。

シーラント

治療の流れ

当院では、治療前にカウンセリングをしっかり行い、患者様に治療内容を理解していただき、
納得いただいてから治療を開始しますので、安心して治療に臨めます。

カウンセリング

STEP 01

カウンセリング

治療前に、カウンセリングにてインプラント治療についての正しい情報をお伝えします。患者様のご要望をお聞きし、治療法や手術内容、検査内容などご説明いたします。

術前検査

STEP 02

術前検査

歯科用CTで、患者様一人ひとりの神経や血管の場所、骨の厚さなどを検査します。細部まで撮影し、詳細な検査を行っていきます。

治療計画

STEP 03

治療計画

検査結果を元に、治療計画を立案し、インプラント手術を進めていきます。歯周炎や全身疾患(糖尿病、高血圧など)の羅漢状態をお聞きし、安全に進めていきます。

手術

STEP 04

手術治療期間3〜6ヶ月※年齢や手術状況によって変わります。

インプラントは1回法と2回法があり、1回法では顎の骨にインプラントを埋め込み、インプラントと人工の歯を接続させるアバットメントの取り付けを行います。

手術方法

術後経過観察

STEP 05

術後経過観察

術後はインプラント歯周炎のリスクがありますので、経過観察をしっかり行い、問題なく機能しているかなど管理していきます。

しっかり噛むための選択肢

噛む力や見栄え、メンテナンスなど、患者様に合わせて治療の選択肢をご用意しています。
審美性や耐久性ももちろん「噛む」という機能改善を考えて、安定して噛めるように歯科治療を行います。

ブリッジ

ブリッジ

欠損歯が1~2本くらいの場合は、欠損部分に隣接する健全な歯を利用して橋を渡すように義歯を作っていきます。義歯に見えないのが特徴です。デメリットとしては、健康な歯を若干削ることや、支えの歯に負担がかかる点があります。

部分入れ歯・総入れ歯・ノンクラスプデンチャー

入れ歯【部分入れ歯・総入れ歯・ノンクラスプデンチャー】

着脱可能が利点です。歯茎の色をしたプラスチックと人工的な歯との組み合わせで作製します。「部分入れ歯」は、クラスプ(金属製のバネ)は使用せずに特殊な樹脂で作製する入れ歯で、外れにくいように金属バネを使います。審美性に優れており、入れ歯と気付かれにくいです。

  • おおしろ歯科医院

おおしろ歯科医院

京都市右京区太秦下刑部町3-3
コリドール天神川1F

右京区役所向かい(地下鉄太秦天神川駅前)

075-882-0046

※予約制・予約優先・急患新患随時対応

駐車場完備2台

診療時間
9:30〜13:00
14:30〜19:00

※木曜・日曜・祝日休診
※火曜・金曜の午後(◎)は20:00までの診療です。

※祝日のある週の木曜日は診療いたします。

OSHIRO DENTAL CLINIC.
075-882-0046